106G50

62歳の女性。数日前からの息切れと全身倦怠感とを主訴に来院した。心不全の治療のために専門外来に通っていたが、症状が安定したので3か月前に自宅近くの診療所を紹介された。同診療所を受診した際、新たに脂質異常症、変形性膝関節症および不眠症と診断され、それぞれに対し3週前から薬物療法が開始されたという。意識は清明。体温36.2℃。脈拍96/分、整。血圧122/88mmHg。呼吸数16/分。眼瞼結膜に貧血を認めない。眼球結膜に黄染を認めない。頸静脈の怒張を認める。心尖部でIII音を聴取する。両側の胸部にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を2cm触知する。脾を触知しない。両側の下腿に圧痕性浮腫を認める。
この病態の原因になった内服薬として最も考えられるのはどれか。
利尿薬
ベンゾジアゼピン系薬
HMG-CoA還元酵素阻害薬
アンジオテンシン変換酵素阻害薬
非ステロイド性抗炎症薬〈NSAIDs〉

解答: e

106G50の解説


テーマ:薬剤誘発性心不全

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし