106B32

突然死をきたしやすいのはどれか。
三尖弁閉鎖不全症
僧帽弁狭窄症
僧帽弁閉鎖不全症
大動脈弁狭窄症
大動脈弁閉鎖不全症

解答: d

106B32の解説

a 三尖弁閉鎖不全症〈TR〉では右心不全をみるも、右心不全単独で突然死することはない。
b 僧帽弁狭窄症〈MS〉では心房細動〈AF〉をみるも、上室性不整脈は突然死の原因となりにくい。AFによる脳塞栓が起こったとしても、これは突然死する病態ではない。
c 僧帽弁閉鎖不全症〈MR〉では左心不全をみる。右心不全よりは重篤であるが、左心不全も突然死する病態とはいえない。
d 正しい。大動脈弁狭窄症〈AS〉は冠血流低下による虚血性心疾患をきたしやすい。これによる突然死をみることは多い。
e 大動脈弁閉鎖不全症〈AR〉でも冠血流低下をきたすが、ASより頻度も低く、軽症。

テーマ:突然死と弁膜症

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし