105D53

45歳の女性。多飲と多尿とを主訴に来院した。6か月前からコップ1、2杯の水を飲んでも、すぐにのどが乾くようになった。夜間に何度も尿意を催すため、睡眠不足になっているという。身長155cm、体重55kg。体温37.0℃。呼吸数20/分。脈拍72/分、整。血圧118/76mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。尿所見:尿量4,500mL/日、浸透圧35mOsm/L(基準50~1,300)、糖(-)。
次に行う検査として適切なのはどれか。2つ選べ
視野検査
頭部MRI
状態特性不安検査
経口ブドウ糖負荷試験
甲状腺放射性ヨード摂取率測定

解答: a,b

105D53の解説


テーマ:中枢性尿崩症

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし