103E69

12歳の女児。口渇と倦怠感とを主訴に来院した。2週前に咽頭痛があり、39℃台の発熱が2日続いた。1週前から口渇と倦怠感とが続いている。身長145cm、体重33kg。体温36.5℃。呼吸数30/分。脈拍104/分、整。血圧108/74mmHg。甲状腺の腫大は認めない。尿所見:蛋白(-)、糖3+、ケトン体3+。血液生化学所見:空腹時血糖394mg/dL、HbA1c(NGSP)7.6%、総蛋白6.8g/dL、クレアチニン0.8mg/dL、総コレステロール184mg/dL。
治療方針の決定に有用なのはどれか。2つ選べ
FT4
抗核抗体
血清カリウム値
動脈血ガス分析
経口ブドウ糖負荷試験

解答: c,d

103E69の解説


テーマ:糖尿病性ケトアシドーシス

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし