102D50

67歳の男性。数週前からタ方になると足がむくみ、靴が履きにくくなるため来院した。足背に浮腫を認める以外特記すべき所見はない。血圧142/86mmHg。尿所見:蛋白3+、糖(-)、沈渣に赤血球1~3/1視野、白血球1~3/1視野。血液生化学所見:総蛋白5.1g/dL、アルブミン2.2g/dL、尿素窒素18.0mg/dL、クレアチニン0.9mg/dL、総コレステロール310mg/dL。腎生検組織の蛍光抗体IgG染色標本(A)と電子顕微鏡写真(B)とを別に示す。
基礎疾患として考えられるのはどれか。
肝硬変
悪性腫瘍
高血圧症
高脂血症
うっ血性心不全

解答: b

102D50の解説

67歳の男性。数週前からタ方になると足がむくみ、靴が履きにくくなる中高年男性である。蛋白3+、アルブミン2.2g/dl、総コレステロール310mg/dlであることからネフローゼ症候群の診断基準を満たしている。Aでは糸球体へのIgG沈着がみられ、Bでは糸球体内のspike形成や内部の高電子密度沈着物を認めることから、膜性腎症と診断できる。
a B型肝炎は関係するが、そこから発展した肝硬変というのは飛躍しすぎである。
b 正しい。大腸癌などの悪性腫瘍が基礎疾患として挙げられる。
c 高血圧症単独では原因となることはない。
d 高脂血症はネフローゼ症候群により認めるもので、基礎疾患ではない。
e うっ血性心不全は膜性腎症の基礎疾患ではない。

正答率:93%

テーマ:膜性腎症

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし