101F65

ケトン性低血糖症で正しいのはどれか。2つ選べ
小児期の低血糖の中で最も多い。
血中乳酸が増加する。
ロイシン負荷試験で低血糖が誘発される。
カテコラミンの皮下注射が有効である。
10歳頃までに自然軽快する。

解答: a,e

101F65の解説

a 正しい。ケトン性低血糖症は小児期の低血糖の中で最多である。
b 血中乳酸が増加する。
c ロイシン負荷試験で低血糖が誘発される。
d カテコラミンの皮下注射が有効である。
e 正しい。10歳ころまでに自然軽快する。

テーマ:ケトン性低血糖症

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし