101B67

乳幼児突然死症候群の危険因子でないのはどれか。
発熱
人工栄養
受動喫煙
うつぶせ寝
出生時低体重

解答: a

101B67の解説

a 誤り。乳幼児突然死症候群〈SIDS〉は「それまでの健康状態および既往歴からその死亡が予測できず、しかも死亡状況調査および解剖検査によってもその原因が同定されない」疾患であり、発熱は感染症などの原因を示唆できるため危険因子とはならない。
b~e SIDS のリスクとして、うつぶせ寝、柔らかい寝具、厚着による高温環境、親の喫煙(受動喫煙) 、非母乳保育、低出生体重児などが挙げられる。

正答率:76%

テーマ:乳幼児突然死症候群〈SIDS〉

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし