COMMENTS

  1. あたらしいマイナー・整形外科を受講したものです。
    本問はChapter 3練習問題44番にても掲載された問題かと思います。

    講義中で本症を解説されていた際には、上肢は上位・下位MN障害ともにありえ、下肢は出現するとしたら上位MN障害とおっしゃっていたかと存じます。

    ですが本問では選択肢bは×で、講義中の問題解説においても本症を下位障害疾患としておりました。

    どちらの解釈が正しいのでしょうか?
    あるいはどこか勘違いしている点などありましたらご指摘いただけますと幸いです。

    1. 脊椎症、脊髄症、神経根症を混同されているような印象を受けました。脊椎の中を脊髄が走り、脊髄(≒MNなら上位)から神経根(≒MNなら下位)が出る、という位置関係にありますので、そこを念頭に再度動画をご視聴くだされば幸いです。

  2. なるほど、理解できました。
    確かにそのあたりの概念を混同して考えてしまっておりました。
    お忙しい中、ご回答ありがとうございました。

  3. eに関して、頻度の問題なのでしょうか?脊髄の障害も出るように思えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。