109I15

109i(15)

» See the answer

COMMENTS

  1. 質問失礼いたします。
    肝内胆管癌は原発性肝癌の分類に含み、胆管癌とは区別して覚える、と記憶していました。
    解説の通りだと、胆管癌に肝内胆管癌を含んでいると捉えられると思うのですが、前述の分類は間違っているんでしょうか??

    1. 肝内「胆管癌」が肝癌である、というのは文字的にもヘンだと思います。
      また、肝内胆管癌が肝癌であれば、本問では正答がなくなってしまうと思います。

  2. 肝がんは肝臓にできる腫瘍で肝細胞癌と肝内胆管癌に分類される
    胆管癌は胆管上皮の腫瘍で肝内胆管癌と管外胆管癌に分類される
    と思います。

    1. 肝内胆管癌は、肝臓からも胆管からも発生するということですね。
      肝内胆管癌は胆管癌のみを指すと思っていたので、a納得しました。

  3. ↑コメント途中で送信してしまいました。失礼しました。
    肝内胆管癌は胆管癌のみを指すと思っていたので、aの選択肢が疑問でしたが、納得しました。ありがとうございました。

  4. 質問させてください。
    PBCは肝内胆汁うっ滞を来す疾患であると認識していたのですが、同じく肝内胆汁うっ滞を来す肝内結石症が胆管癌のリスクであるのにPBCがリスクにならないのが分かりません。イヤーノートでもPBCは肝内胆汁うっ滞を来す疾患であると記載があるのですが、両者にはどう違いがあるのでしょうか?

    1. 学生です
      PBCは胆管が壊されて、肝細胞で合成された胆汁酸の行き場が無くなり、そのまま肝細胞に留まる、と考えます

      1. 質問者です。
        一口に肝内胆汁うっ滞といってもダメージを受ける範囲や位置が違うといった感じでしょうか。なんとなくイメージ出来ました、有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。