COMMENTS

  1. 111B3を解いた後だと、eも正解のように感じました。
    この問題では血圧が高くなくCS1には該当しない点で111B3とは違いますが…
    心不全において、利尿薬と血管拡張薬の使用を区別する見極めがよくわかりません。

  2. 利尿薬は身体の中から水をだす薬なので、身体のトータルの水分量が増えてるときに適してます。例えば今回のように飲水量が増えたというエピソードや、下腿浮腫などの体液うったいの所見があれば利尿薬が適応あります。
    血管拡張薬は心拍出の低下によって静脈にうっ滞した血液を、静脈をひらくことでバランスを保つ薬です。今回の症例でも十分使う可能性はありますが、血管をひらくと血圧が下がるので少し使いにくいです。
    今回は増悪の原因が明らかに多飲による体液量の増加によるものなので、ひとつ選べという問題なら身体から水をだす利尿薬ということになります。
    ちなみにループ利尿薬はほとんど血圧をさげないので、血圧をあまり気にせず使えます。

  3. 今回クリニカルシナリオだと2
    CS2の場合、基本はNPPV+硝酸薬で体液貯留があれば利尿薬と習いました。
    今回はひとつ選べということですが、CS2のときに硝酸薬を使わずに利尿薬のみを使うこともあるのでしょうか。
    的外れな質問ならすみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。