解決済 - 内分泌代謝

Cushing症候群における尿量増加と浮腫

2018内科外科内分泌の講義ではcushing症候群の徴候として
*BS上昇による浸透圧利尿からの尿量増加
*Ald作用による浮腫
が説明されていましたが、どちらか一方が起こるのでしょうか。
それとも同時に起こりうるのでしょうか。
勉強不足で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

回答2件

  • どちらもありうると思います。
    同時に起こるか、一方しか起こらないか、は患者さんの個人差によります。

  • お忙しいところありがとうございます!
    そのように理解しておきます。

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 関連トピック

    なし