受付中 103G64 09.肝胆膵

ヒスタミン受容体拮抗薬

103g64にて、ヒスタミン受容体拮抗薬が急性膵炎の治療に用いられると記載されています。ヒスタミンには膵外分泌機能を亢進させる機能はないと病気が見えるに記載されているのですが、この場合どういった目的で用いられるのでしょうか。
宜しくお願い致します。

回答1件

  • 治療として絶飲食を行う際に消化管潰瘍や出血を起こす可能性があるので、その予防のために用いるのだと思います。
    胃酸による膵外分泌刺激効果が言われており急性膵炎時にその刺激抑制のため、でもあるようですがグレーゾーンでもあるようです。(参考 https://www.jstage.jst.go.jp/article/suizo/30/6/30_733/_pdf/-char/ja )

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 問題参照 103G64

    治療として誤っているのはどれか。
    • a H2受容体拮抗薬投与
    • b 輸液量の制限
    • c 抗菌薬投与
    • d 酸素投与
    • e 絶飲食
  • 関連トピック

    なし