解決済 - 整形外科

【腰部椎間板ヘルニアで楽になる姿勢】 

96H52 【整形外科】
椎間板ヘルニアは前屈みで痛く、後ろ反りで楽になるので、選択肢aの前弯維持(=後ろ反り)は治療として正解にはならないのでしょうか。よろしくお願いします。

回答2件

  • 日常生活においてずっと前弯を維持させるのは現実的ではありません。
    一時的な寛解(痛みを楽にする手段)としては有効ですが、維持させるのが難しい時点で「治療」にはなり得ません。

    • 96H52
      腰部椎間板ヘルニアによる腰痛の治療で正しいのはどれか.2つ選べ.
      a 腰椎前弯維持の指導
      b 膝関節屈筋の強化
      c 骨盤間欠牽引の実施
      d 中腰作業の回避
      e 腰部交感神経節ブロック
      解答: 正解:c,d(正答率 データなし)

コメントを投稿する

ログインするとコメントを投稿することができます。

  • 関連トピック

    なし