2018年度medu4 SCHOOL講座ラインナップ

4つのシリーズと、直前講座、そして個別指導で国家試験まで導きます。medu4 SCHOOLの講座は、どの学年の方でも、一講座からご受講いただけます。受講者各人のニーズに合わせ、活用下さい。

あたらしいシリーズ

医師国家試験までに必要な全知識を網羅する講座。基礎知識がゼロの段階の方から、すでに一通り学習が終了した方が再度知識体系を構築し直したいケースまで幅広く対応しています。2018年2月に実施された112回医師国家試験で出題された内容まですべて網羅されています。本年度より、CBT対策としては不要なセクションにマークが付きました(低学年から「あたらしいシリーズ」を活用した学習法についてはこちら)。

内科・外科(公開中・セット価格33,000円)

①腎(5コマ)、②内分泌代謝(9コマ)、③血液(8コマ)、④免疫(5コマ)、⑤感染症(6コマ)、⑥呼吸器(9コマ)、⑦循環器(12コマ)、⑧消化管(7コマ)、⑨肝胆膵(6コマ)、⑩神経(13コマ)の全80コマで構成されます。

産婦・小児・老年(公開中・セット価格12,000円)

①産婦人科(13コマ)、②小児科(12コマ)、③加齢老年学(3コマ)の全27コマで構成されます。

マイナー(公開中・セット価格17,000円)

①整形外科(5コマ)、②眼科(6コマ)、③耳鼻咽喉科(6コマ)、④泌尿器科(5コマ)、⑤精神科(5コマ)、⑥皮膚科(5コマ)、⑦放射線科(3コマ)の全35コマで構成されます。

救急・中毒・麻酔(公開中・セット価格4,500円)

①救急(7コマ)、②中毒・麻酔(3コマ)の全10コマで構成されます。

公衆衛生(公開中・7,560円)

全13コマで構成されます。

Updateシリーズ

医師国家試験の回数ごとに新しく出題された知識を更新(Update)する講座です。113回を受験する場合、

・110回までの内容が搭載されたテキストをご利用の方☞111回と112回Updateを受講
・111回までの内容が搭載されたテキストをご利用の方☞112回Updateを受講

といった形で、お手持ちのテキスト・知識内容を最新のものに更新できます。他社予備校のテキストや、市販の問題集等をご利用の方にも対応しています。
※2018年度にmedu4が作成している講座はすべて112回までの内容が搭載されています。

111回Update(公開中・1,000円・2コマ)

112回Update(公開中・1,000円・2コマ)

113回Update(2019年8月公開予定)

特講シリーズ(セット価格9,900円)

ピンポイントな項目に絞り、近年の国試で特に差がつくところを解説する講座です。「あたらしいシリーズ」のような全範囲を網羅する講座を修了した後に追加で取り組むと効果的です。

①輸液特講(公開中・2コマ)

従来から出題の多かった輸液ですが、112回では特に細かな組成を問われる問題が多く見られました。本講座では輸液の大原則からスタートし、自身で輸液組成を考えられるレベルにまで到達できるようになっていただきます。

②酸塩基特講(公開中・2コマ)

「何となく理解はできているつもりだけど、ちょっと突っ込まれるとすぐに訳が分からなくなるので不安」という声の多い酸塩基平衡の分野。 
本講座では初めて酸塩基を学ぶ人から、上記「 」のような壁にぶち当たっている方までを広く対象とし、根本的な理解をしていただきます。 
講義内では血液ガス分析所見が提示されている臨床問題を多く提示し、実際の患者さんの臨床像と酸塩基平衡の関係をつかめるレベルまで到達することを目的とします。これにより、酸塩基平衡について問われた問題(一般問題で出題されることが多い)に正答できることはもちろんとし、一見酸塩基平衡と直接関係のなさそうな臨床問題であってもより多くのヒントが得られるようになります。昨今の医師国家試験では臨床問題が非常に重視されています。こうした些細なヒントの有無が大きな得点力の差になってくることは言うまでもありません。 

③栄養特講(公開中・2コマ)

近年出題数が飛躍的に伸びている栄養に関する出題。参考書や問題集だけでは対策が厳しいですし、かといって病棟実習で各科をローテートしても完全にはカバーしきれないテーマです。本講座では栄養の評価方法や考え方からスタートし、最後には患者さんに応じた最適な栄養の投与経路や投与量を考察できることをゴールとします。

また、外科手術と関連した栄養も数多く出題があります。周術期と栄養についても対策を行い、外科的色彩の強い問題でも得点を確保できるよう指導します。

④判断・評価特講(公開中・2コマ)

112回医師国家試験のトピック的出題。現在の患者さんの状況を判断し、現在の投薬や処置が過剰なのか、十分なのか、不足なのか、見当外れなのか、といった点を自身で評価させるタイプの問題に対策します。今後もエスカレートした出題が予想される分野であり、何を根拠に判断・評価したらよいか、を解説するなかで新作問題にも対応できる力をつけていただきます。

⑤必修特講(公開中・6コマ)

必修は8割の得点率を割ると即不合格になってしまう、受験生が不安を抱えやすい出題ブロックです。本講座では、

(1) 必修を必修足らしめているポイント(本当に怖いところ)
(2) 必修で失点してしまう人の陥りやすい考え方の回避方法
(3) 必修で確実に8割を超えていく手法

をお伝えします。もちろん、診察や手技・器具等、実際の必修問題を解く際に必要となる知識も扱い、知識面とテクニック面、両方の側面から"必修落ち"を回避させる指導を行います

⑥禁忌特講(公開中・3コマ)

医師国家試験問題の選択肢には禁忌設定されているものがあります。どれが禁忌扱いされているかは分からないステルス式となっているため、気づかずに禁忌肢を踏む受験生が散見されます。さらには112回医師国家試験では禁忌単独落ちしてしまった受験生も出現し、禁忌肢に対する不安感が受験生の間で蔓延している状況です。
禁忌選択肢は必修問題に限らず、一般問題・臨床実地問題にも含まれているため、必修特講とは別立ての独立した特講シリーズでお送りします。

本講座は禁忌肢について詳細に解説を行うことで、本番で禁忌を踏まないようにすることと、不毛なまでの恐怖心を受講生から取り除くことを目的としています。

テストゼミシリーズ(②〜④はセットあり;8,000円)

どれほど知識のINPUTを行っても、実際に問題の形で解決することができないと試験本番での得点にはつながりません。テストゼミシリーズでは各回20問の問題を用意し、制限時間を設けて実際に演習をしていただきます。演習直後の記憶が鮮明なうちに、解説講義を視聴し、濃厚なフィードバックを受けていただきます。実戦力UPのために好評をいただいている講座です。

テストゼミに収録されている問題は「あたらしいシリーズ」との重複がありません

①テストゼミ基礎篇(公開中・全17コマ)

科目ごとのテストゼミです(例えば1コマ目は腎のみ20問出題)。科目別ですので、全範囲の学習が修了していない方もご利用いただけます

(1) 「あたらしいシリーズ」の一周目から、1科目終わるごとに理解度チェックのために受講
(2) 「あたらしいシリーズ」の二周目と併行して受講
(3) 全科目学習が完了したが、まだ分野横断演習に取り組むのは早いと感じているタイミングでの受講
(4) 4, 5年生の系統講義や進級試験等の対策としての受講

など幅広い用途が考えられます。「テストゼミを受けて実戦力をUPさせたいが、まだ全科目終わってないから取り組めない」「すでに『あたらしいシリーズ』を視聴完了してしまってやることがない!」といったお声を多く頂いておりましたため、2018年度より新設した講座です。

②テストゼミ標準編(公開中・全8コマ)

医師国家試験出題範囲のすべてから科目バラバラで出題されます。科目別学習が一通り完成したタイミングで受講していただくのがベストです。難易度としては標準的な問題で構成されています。易しすぎる問題は含まれていませんが、「難しそうに見える易しい問題」は含まれており、こうした点の取りどころ(勘どころ)についても解説を行います。

③テストゼミ融合篇(公開中・全4コマ)

医師国家試験出題範囲のすべてから科目バラバラで出題されます。1つの問題内にいくつもの科目の知識を含み、分野横断的に頭をフル稼働せねばならない問題を集めています。客観的難易度としては標準なのですが、複数分野の知識をたぐり寄せる頭の使い方のトレーニングとなるため「難しい」と感じる方も多いようです。ですが、それこそ国家試験の本質。終わってしまえば標準的な問題が、試験本番では難しく感じるものなのです。本講座を通じて、極めて実戦に近い思考力養成を行って下さい。

④テストゼミ予想篇(公開中・全4コマ)

113回医師国家試験で出題が予想される問題のみを集めた最後のテストゼミです。難易度は本番とほぼ同じです。111回、112回の医師国家試験でも的中が数多く出ています。1月になると復習メインの学習スタイルとなり、新規の問題を解く機会が減ってきます。過去問は何度も解いたし、模試ももうみてしまった。そんなときに重宝する予想問題集としてもご利用いただいています。1月下旬から、3日に1回分程度のゆったりとしたペースですすめるのがオススメです。

国試究極MAP

2019年1月、medu4の贈る直前講座。

国試まであと1か月弱。かなり煮詰まってきた時期。ほとんどの受験生が回数別過去問集やこれまで受けた模試を繰り返し復習します。その結果、もちろん絶対的な知識量はどんどん増えていくのですが、知識がまだらになり、逆に不安が増強していく時期でもあります。矛盾するようですが、勉強すればするほど不安になるのがこの時期です。

まだらな知識が不安なのですから、もう一度全分野を過不足無く再確認しましょう。しかし、何十時間もかけて再度これまでのテキストを復習していては時間も足りず、非効率的。ここでベストなのは、国試本番ですぐに導ける航海図〈MAP〉を頭のなかに構築することです。

本講座では上記の趣旨から、直近5年分(112〜108回)の過去問知識すべて+近年のトピック+予想事項をたった8コマで講義します。自身の書き込みを加え、試験会場へもっていったMAP(テキスト)はきっとお守りになってくれることでしょう。

個別指導

・2名の講師によるLINEサポートが付随したPremiumプラン、通常のStandardプラン、業界水準では格安で受講いただけるLiteプランの3つのラインナップでご用意しています。

・浪人生の方にはPremiumプランをオススメします。週単位のスケジュール管理や、日常的に生じた疑問など個別指導の実施時間外にも担当講師と二人三脚(三人四脚?)で合格に向けて進むことができます。medu4の2018年度映像講義もすべて無料で視聴できるため、予備校に通学することなく、これのみで国家試験を突破いただけます。

・「実校舎の存在する予備校にどうしても通いたい!」という浪人生の方には、通学や講義受講は予備校で、個別指導はmedu4で、というセカンドオピニオン的な対応もいたします。その際にはLiteプランがオススメです。

・詳細につきましては、こちらのページにパンフレットを掲載しております。ご覧の上、お申し込み下さい。

注意事項

映像講義はすべてDr.穂澄が担当します。これは複数講師で講義を担当すると講義スタイルへの順応で受講者の方に負担をかけてしまったり、講師により解説の仕方が異なったり、重複が生じてしまう可能性があるためです。もちろん全講座・全テキストとも専門のDr.にチェックをお願いし、ご意見を頂いた上で万全の講義を提供してまいりますのでご安心下さい。

・すべての講座は単品でもご注文いただけます。ただし、セットでまとめて購入いただいた方が金額面でお得になります。「とりあえず単品で購入してみて、やっぱり後でセットにする」といった形での変更・返金対応はいたしかねますのでご了承下さい。

・詳細な配信開始日程や価格については各作品のページで適宜ご案内いたします。作品によってはまだページが存在しない場合もありますので、お待ち下さい。

・1コマは60分ですが、コマにより短縮・延長されることがあります。また、収録の都合により記載のコマ数は±1コマ程度変化することがあります。

・「なるべく早く講義を配信開始したい!」という気持ちから、各セット・講座とも公開日にすべての講座・コマが揃っていないことがあります。標準的な受講ペースでは支障がない範囲で継続的に配信・更新いたしますのでご容赦下さい。