108A55

12歳の女児。7日前からの発熱と全身の倦怠感とを主訴に来院した。生来健康であった。2週前から活気のないことに家族が気付いていた。7日前から発熱し、自宅近くの診療所で抗菌薬を投与されたが改善しなかった。顔色は不良である。腹部では肝臓を右季肋下に4cm、脾臓を左季肋下に2cm触知する。血液所見:赤血球316万、Hb 6.4g/dL、Ht 27%、白血球32,000(異常細胞65%)、血小板2.3万。LD 3,015IU/L(基準176~353)。骨髄穿刺所見:細胞数60万/mm3(基準10万~25万)(異常細胞98%)、異常細胞のペルオキシダーゼ染色は陰性、表面抗原検査はCD10とCD19は陽性、CD3とCD13は陰性。
この疾患の予後に影響する因子はどれか。2つ選べ
(編注:この「患児」の、と読み替えること)
LD値
性 別
年 齢
白血球数
骨髄の異常細胞比率

解答: c,d

108A55の解説

骨髄での異常細胞増殖が過剰であり、白血病を想定する。血小板2.3万と低値がみられ、ペルオキシダーゼ染色が陰性であることから、急性リンパ性白血病〈ALL〉を考えたい。CD10とCD19が陽性、とのことでB細胞性が考えられる。
a LDの上昇は非特異的。
b △。男児は精巣再発がみられるため予後因子とされる。が、本患者は女児であり、影響しない。
  ※ゆえに、本問は厳密には「この疾患の」ではなく、「本患児で」とすべきである。
c 正しい。1歳未満と10歳以上は予後不良因子とされる。
d 正しい。白血球2万以上は予後不良因子とされる。
e 骨髄の異常細胞比率は、急性白血病にて上昇するのが前提であり、予後とは関係しない。

テーマ:急性リンパ性白血病

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし