107E34

失神に対して植込み型除細動器が適応となるのはどれか。2つ選べ
洞不全症候群
Brugada症候群
大動脈弁狭窄症
完全房室ブロック
先天性QT延長症候群

解答: b,e

107E34の解説

植込み型除細動器は心室頻拍〈VT〉・心室細動〈VF〉など致死的な頻脈性不整脈をきたしうる疾患に有効である。
a・d これらは徐脈性疾患でありため、ペースメーカー植え込みが有効。
b 正しい。Brugada症候群ではVFを合併し、突然死をきたしうる。
c 大動脈弁狭窄症〈AS〉では冠血流低下による狭心症症状をみることがあるも、致死的不整脈を単独でみることはない。
e 正しい。先天性QT延長症候群ではTorsades de Pointes〈多形性VT〉を合併し、突然死をきたしうる。

テーマ:植え込み型除細動器

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし