106G23

疾患と聴診所見の組合せで誤っているのはどれか。
肺高血圧症 - II音の亢進
大動脈弁閉鎖不全症 - 全収縮期雑音
心房中隔欠損症 - 拡張期ランブル
拡張型心筋症 - 奔馬調律
僧帽弁閉鎖不全症 - III音

解答: b

106G23の解説

a 肺高血圧症ではIIp音の亢進を聴取する。
b 誤り。大動脈弁閉鎖不全症〈AR〉では拡張期の灌水様雑音を聴取する。
c 心房中隔欠損症〈ASD〉では相対的三尖弁狭窄による拡張期ランブルを聴取する。
d 拡張型心筋症〈DCM〉では左心不全によりIII音とIV音とを聴取し、奔馬調律〈gallop rhythm〉を聴取する。
e 僧帽弁閉鎖不全症〈MR〉では左室の容量負荷によりIII音を聴取する。

テーマ:心疾患と聴診

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし