106B19

肝細胞癌に対する動脈塞栓術の適応となるのはどれか。
難治性腹水がある。
門脈本幹に腫瘍塞栓を認める。
肝両葉に腫瘍が多発している。
PT 25%(基準80~120)である。
総ビリルビン6.3mg/dLである。

解答: c

106B19の解説

経カテーテル的動脈塞栓術〈TAE〉の適応についての問いであるが、肝障害度がCになってしまうと適応外になることを知っておくと正答しやすい。
a 難治性腹水は肝障害度Cの指標の1つである。
b 門脈本幹の腫瘍塞栓にてTAE施行は禁忌である。
c 正しい。TAEの適応において腫瘍径や個数は不問である。
d PT 50%未満は肝障害度Cの指標の1つである。
e 総ビリルビン3mg/dl以上は肝障害度Cの指標の1つである。

テーマ:動脈塞栓術

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし