105G15

早期胃癌の内視鏡治療の適応決定に影響しないのはどれか。
部 位
深達度
組織型
潰瘍形成
リンパ節転移

解答: a

105G15の解説

a 誤り。部位により内視鏡治療の適否が決まることはない。
b 粘膜に限局している場合に適応となる。
c 分化型の組織型をとる場合に適応となる。
d 潰瘍のないものが適応となる。
e リンパ節転移のないものが適応となる。

テーマ:早期胃癌の内視鏡治療

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし