105B4

肝臓の解剖で正しいのはどれか。
門脈は肝動脈よりも細い。
門脈と肝静脈とは並走する。
下大静脈は肝臓の腹側に位置する。
肝円索を肝側にたどると肝静脈に達する。
右肝静脈は右葉の前区域と後区域の境を走行する。

解答: e

105B4の解説

a 門脈は肝動脈血より太い。
b 門脈と肝動脈とが並走する。
c 下大静脈は肝臓の背側に位置する。
d 肝円索を肝側にたどると肝鎌状間膜に達する。
e 正しい。前区域と後区域の境を走行するのが右肝静脈、外側区域と内側区域の境を走行するのが左肝静脈である。

テーマ:肝臓の解剖

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし