105A39

82歳の男性。尿量の減少と全身倦怠感とを主訴に来院した。3年前に胃癌にて胃全摘術を受けたが、受診は2年前から中断している。意識は清明。体温36.7℃。血圧144/94mmHg。上腹部に手術痕を、両下肢に強い浮腫を認める。その他の身体診察所見に明らかな異常を認めない。血液所見:赤血球362万、Hb 10.8g/dL、Ht 28%。血液生化学所見:尿素窒素40mg/dL、クレアチニン2.8mg/dL、総ビリルビン1.0mg/dL、AST 38IU/L、ALT 42IU/L、Na 132mEq/L、K 5.6mEq/L、Cl 98mEq/L。腹部超音波検査で膀胱内に尿を認めない。胸部エックス線写真にて心胸郭比58%。腹部単純CTを別に示す。
まず行う処置として適切なのはどれか。
尿管ステント留置
膀胱穿刺
血液透析
腹膜透析
大量輸液

解答: a

105A39の解説


テーマ:腎後性腎不全

フォーラムへ投稿

関連トピック

なし