リストアップすべき疾患

フェリチンの高度上昇

(1) 成人Still病
(2) 血球貪食症候群
(3) ヘモクロマトーシス


ANCAが上昇する疾患

(1) MPO-ANCA
  ・顕微鏡的多発血管炎〈MPA〉
  ・好酸球性多発血管炎性肉芽腫症〈EGPA〉
    〈アレルギー性肉芽腫性血管炎〉
    〈Churg-Strauss症候群〉
(2) PR3-ANCA
  ・多発血管炎性肉芽腫症〈GPA〉
    〈Wegener肉芽腫〉


補体低値となる腎疾患

(1) (溶連菌感染後)急性糸球体腎炎
(2) 膜性増殖性腎炎〈MPGN〉
(3) ループス腎炎


非圧痕性浮腫をきたす疾患

(1) 甲状腺機能低下症(橋本病)
(2) リンパ浮腫
(3) Basedow病における前脛骨部粘液水腫
(4) 浮腫性硬化症(» See 107A6

脳CT/MRIでring enhancementをみる疾患

(1) 脳膿瘍 →炎症反応が強い。
(2) 癌の脳転移 →原発巣についての記載あり。
(3) 膠芽腫〈グリオブラストーマ〉 →生検にて血管増殖や偽柵状壊死あり(» See 109D41)。


COMMENTS

  1. 補体低値となる腎疾患にコレステロール塞栓症も追加で入れてもいいのではないでしょうか

    1. 以前はそれも含めて講義していたのですが、よく考えると腎疾患ではないので、今は含めないことにしています。
      コレステロール塞栓症で補体が低下する、という事実はご指摘の通りでとても大切な知識です。

  2. 「疾患」ではありませんが、フェリチン上昇だと慢性疾患に伴う二次性貧血(ACD)も思い出すようにしています。ただ、ACDではフェリチンの「高度」上昇にはならないのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。