Youtube雑談動画・質問募集!

Youtube上で配信している「医療系の雑談」でお話する雑談のネタを募集します。

勉強系の質問でも、医療全般のよもやまネタでも何でもかまいません。
私、穂澄に聞いてみたいことをこの記事のコメント欄にバシバシ書き込んで下さい!
(具体的な国試問題とか疾患についての質問は今回は受け付けていません m(_ _)m)

可能な限り、ご回答しようと思いますし、もしたくさんの質問が集まれば、何回かに分けてシリーズ化して配信することも考えています。

ちなみに2016年4月に配信した、第1回の動画を以下に貼り付けておきます!

COMMENTS

  1. 医師が幸せな恋愛・結婚をするために必要なことは?最適な相手の選び方とは?

    男女それぞれについて、先生に語って欲しいです笑

  2. 穂澄先生がM4の時の国試に向けた計画や1年をどんな感じで過ごされたかを教えてくれたら嬉しいです。

  3. 薬学部卒や教育学部卒だと、資格(薬剤師や教員免許)を直接活かさない仕事に就く人をいくらでも見かけます。例えば、私の周りでも、薬学部卒で食品メーカーに就職した人、教育学部卒で一般企業でサラリーマンをしている人がいます。なぜ、医学部卒だとこのような選択をする人が少ないのでしょうか。最初は「医師はラクにお金を稼げるからかな?」と思っていたのですが、医師は決してラクではありませんし、医師よりお金を稼げる職はいくらでもあることから、そうではなさそうです。

    1. 穂澄先生は卒後一般就職された後に研修をされたと、MEC時代のパンフレットに記載されていました。なぜ一度医学の世界から外に出られたのかという点も非常に気になっています。

  4. 総合診療科について先生のご意見を伺いたいです。海外では名前が違えど総合診療科と似たような仕事をしている医師が数多く存在しています。海外と多少の内容の違いはありますが、現在厚労省が育成しようとしている総合診療医はずばり日本では定着するのでしょうか。日本の総合診療科のアイデンティティは何処に見出せばよいとお考えでしょうか。

  5. 医師国家試験の成績と、医師としての実力についてお話を伺ってみたいです。

  6. 患者さんのお看取りがすごく苦手です。
    医師として働く以上お看取りには必ず直面しますが、今のところお看取りに慣れそうにもないですし、正直人間として慣れたくないなと思います。
    今はまだ自身の医療が云々…という落ち込み方ではなく、遺族の方たちのお気持ちを考えて盛大に凹んでいるのですが、ここでくよくよしている場合ではない!ほかの患者さんたちを生かすんだ!助けるんだ!という方向にシフトさせることがなかなかできません。
    慣れていくものなのでしょうか。慣れてしまうものなのでしょうか。ジレンマです。

  7. いま、新しい抗がん剤やカテ治療などがどんどん開発されていますが、これらは本当に高価で、これらが保険適用されるとなるといつか財政破綻するのではないかと思います。
    治療適用を設けるという話も出ているようですが、それは即ち見捨てる患者さんが出てくるということになります。
    そうなってくると、アメリカのような金銭的余裕のある人だけが高度医療を受けることができるという世の中になってくるのかなと思います。
    もちろん年月が経つにつれて高額医療は低額になっていくとは思いますが、低額になる頃には更に良く効く新しい高額医療が出てきて、結局はいたちごっこになりそうで、どうすればいいんだろうと思います。
    高額医療や保険適用についての是非、ご意見を伺いたいです。

  8. 今、ポリクリをしています。ポリクリをしている時の各科の勉強の仕方や、実習と国家試験の勉強との時間の兼ね合いなどどのようにされていたかお話を伺いたいです。

    1. ポリクリについて書いたのと同じ者です。長文すみません。外科系のポリクリで、朝、手術室に入って見学をするときもあると思いますが当然、術野には小人数しか入れませんし(もしかすると1人も入れない時もあるかもしれません)、モニターを見ようにも私の大学では解像度が低く、正直、なにやっているか分かりません。これらのことから立ったまま延々と時間を無駄に浪費しているようにしか思えません。先輩、外科を回った同級生からこのような話を聞き、どのように時間を使えばいいのかずっと考えていますが中々、良いアイデアが浮かびません。どのように時間を使えば良いのか何か案がないかお伺いしたいです。

  9. 医学部四年の者です。もちろん人によりけりだとは思いますが、医学論文を本格的に読めるようになるための練習はいつ頃から始めるべきなのでしょうか?
    受験期以降、これまで数学や英語にまともに向き合っていない上、あんちょこ本と教授に言われている薄くて簡潔にまとまった日本語の教科書でしか勉強してこなかったので、いきなり医師になってから読める気がせず、とても不安です。

  10. 新専門医制度についてご意見を伺いたいです。新専門医制度の目的は「専門医の質を高め、良質な医療を提供すること」だそうですが、私としては、医師の地域偏在をなくすために医師を各地方に強制配置する制度に思えてなりません。また、新しい制度では、臨床をしながら研究をするphysician scientistも生まれにくくなると思います。新しい制度で本当に日本の医療が良くなるのでしょうか。穂澄先生はどのようにお考えでしょうか。

  11. 英語力に自信が全くありません。医療ではどのような種類の英語力が必要とされているでしょうか。また、それを上げていくにはどのような方策がよいでしょうか。方法論あるいは教材等々ご教示頂きたいです。

  12. ・穂積先生の学生の時の勉強方法
    ・穂積先生の経歴

    是非お話聞きたいです!

  13. 穂積先生の高校時代の受験勉強法、東京大学を選んだのか教えて下さい。

  14. 一般的な6年生の勉強スケジュールを教えていただけると幸いです。以前穂澄先生が投稿された動画では、6年生の冬からの勉強スケジュールだったので、夏前からのスケジュールが具体的に知りたいです。

  15. 今私5年生でポリクリ真っ最中なのですが、穂澄先生は興味のない(または嫌いな?)科はどのようなモチベーションで実習をされていましたか。

  16. 穂澄先生の考える、うまいmedu4コンテンツ達(データベースと映像授業)の連動のさせ方、最も後悔のない勉強法を教えてほしいです。

  17. 臨床に行かない医者(基礎除く)が批判されることに対してどのように思われますか。cf.筑波大医学部女子TBS入社など

  18. 性格の悪い人間と性格の良い人間、どちらが医者に向いていると思いますか?

  19. 聞いていいものかどうか迷ったのですが、先生はなぜ独立をされたのですか?ある程度ノウハウを取り入れて元々独立するおつもりだったのでしょうか?あと、某予備校のKSR先生とは結構話したりされるのでしょうか?お応えできる範囲で構わないので、穂積先生のことがもっと知りたいです。

  20. medu4の名前の由来のように、教育環境は大きく変動しています。日本の医学教育もグローバル化として臨床実習の時間の増加など医学生を取り巻く状況が大きく変革しつつ有ります。そこで変わっていくであろう医学教育のこれからの話しやグローバル化と言いつつも日本特有の素晴らしい教育制度、これから必要となってくるスキルなど語ってほしいです。

  21. medu4の配信ビデオを収録してるスタジオがどんなかんじか、どんな設備か見てみたいです。
    あと新しい専門医制度についての雑談動画とかも投稿してもらえたらうれしいです。

  22. 先生が学生時代の頃のポリクリや実習などの裏話や面白いエピソード(この科の実習でこんなことがあったなど)、予備校講師をされていたころの授業でなどでの裏話やエピソードなどを聞いてみたいです!

  23. 今クリクラでいくつかの科をまわっていますが、昔からどうも血に弱く、手術見学に不安を感じています。モニター越しや、直接でも少し離れた所からなら大丈夫なのですが、手洗いして清潔野で見学した時に1度、迷走神経反射が出てしまいました。これは徐々に慣れていくものでしょうか。始末の悪いことに、内科よりも外科に興味があります。外科の道に進みたいけど血が苦手。これにはどう対応したらよいでしょうか。

  24. 性同一性障害や同性愛といったテーマに興味のある人におすすめの進路を教えてください。泌尿器科を選んだら選んだで、結石の相手に忙しいし、内分泌代謝内科だったら糖尿病の相手に忙しいし、婦人科だったら子宮診るのに忙しいと思いますし、どうすれば上記のテーマを主に扱えるようになりますか。

  25. 現在の人工知能は、将棋や囲碁など既に人類を超えた分野が多々あります。そして人工知能は今後さらなる成長を遂げると考えられます。そこで先生にお聞きしたいのですが、医療において人工知能が最初に人に取って代わるであろう領域はなんだと思いますか?ちなみに僕は総合診療だと考えています。

  26. 医学教育に興味があるのですが、医師としてどのくらいのキャリアが必要なのでしょうか?
    初期研修1年目なのですが、実際に医療現場に出てみたものの、やはり医学教育をしてみたいという思いが出てきました。学生時代から穂澄先生の講義を見ていまして、医学教育をやるなら穂澄先生とやってみたいと思っています。

  27. まだ発表されていませんが、新しいガイドラインが今年発表になるかと思います。
    発表されたら、実際にどのように活用していけば良いのかあまり良く分からないので教えて頂けると幸いです。

  28. よく医者は世間知らずだ、という話を聞きます。医学部にいるとサークル・部活小津が独立していたり、単科大学でなくてもキャンパスが離れていたりして他学部との交流の機会が少ないということや、忙しくてバイトもあまり出来ない、さらにインターンや就活のような一般社会に触れる機会も無いまま医者になることが世間知らずと呼ばれてしまう要因だと思うのですが、そういった事情の中でどうやって世間を知っていくのが良いのでしょうか?

  29. あたらしい臓器別のテキストを穴埋め形式にしようと思ったきっかけを聞きたいです。
    スライドを何枚も流す形態でもなく、すべて板書という形態でもなく、ノート部分に蛍光ペンで線を引くという形態でもなく、穴埋めをしていくこの形態がベストだと思います。色々と検討された上で、あたらしい臓器別ではこの方式を採用されたのでしょうか?

  30. ほずみ先生は現在臨床は一切されていないのですか?
    また、先生は専門分野的には何科なのか、またなぜそれを選んだのか教えてください。

  31. 雑談ではないですが…。他予備校が、国試対策委員を通して直前講座の募集案内を送ってくるようになりました。ぜひ、medu4 SCHOOLでも直前講座を開講していただきたく思います(早めに講座概要や日程を告知していただけると、安心します)。

  32. 国試の膨大な過去問を分析して、傾向をえぐって、対策を立てられる人は三苫先生と穂積先生しかいないなんて話がたまにありますが、穂積先生は東大の対策はどうされていましたか?やはり25カ年の本を自分で遡って、対策を立てていたのでしょうか?

  33. 新専門医制度について
    特に内科についてが議論されていると思いますがこの問題があると言われている新しい制度についての先生の見解をお聞かせください。よろしくお願い致します。

  34. 是非研修医向けの基礎知識の動画も作って欲しいです、よろしくお願い致します。

  35. 2016/6/30に平成30年度版医師国家試験出題範囲基準が公表されました。聞いていた話では、新しいガイドラインは111回からの適用と思っておりましたが、発表では112回からの適用となるとありました。つまり、今まで通りの勉強で特に問題ないということでしょうか?教えていただけたら幸いです。

  36. 穂澄先生の考える「学生同士の勉強会」について聞きたいです!
    どのような内容でやるべきか(口頭試問方式、疾患を決めて講義方式など)、どれくらいの頻度でやるべきか、に加えて、
    先生ご自身が学生時代に行っていたという「ジョナ勉」の詳細についても更に詳しく知りたいです!

  37. これからの時期国試対策だけでなく卒業試験の対策も行って行かなくちゃいけないと思います
    時々専門家のエゴじゃないかという問題が混ざる(某私立大学の)卒業試験を先生はどう対策するのがいいと思いますか?穂積先生の経験も含めてききたいです

    1. 穂「澄」でございます。貴学にかかわらず、どの大学でも専門的すぎる問題は出題されます。が、大学というのは専門性の教育も一つの役割ですから、それはそれで一つの大事な、皆通過せざるを得ない関門なのかな、と私は思っています。
      が、仰せの通り国家試験対策としてはオーバーワークなこともありますので、卒試の過去問で頻出のものは卒試プロパーな対策として試験直前にサクッと学習するのがベストかと思います。

      1. 穂「澄」先生、先日講義中に先生が紹介されていた水沢うどんを食べてきました。
        びっくりするほど立派な舞茸で、食べごたえがありました。実に見事でした!
        また、先生のオススメのグルメ等ありましたら紹介していただけるとありがたいです。卒業旅行で皆で行きたいと思います。

  38. あたらしい臓器別、小児、産婦、マイナー全体の索引ファイルがあるとたすかります!

    1. 確かにそれはあると助かりますね!よろしくお願いします。

  39. 穂澄先生が過労で倒れないか心配です。息抜きはなさってますか?

  40. いつもお世話になっています。
    今年の国家試験会場に応援に来てください!

  41. mec時代の穂澄先生の内科臓器別受講していたらmedu4の新しい臓器別受ける必要ないですか?

    1. 【medu4運営チームより】他社の講座とmedu4の講座はコンセプトも講義内容も全く異なるものです。『過去の講座に最新年度の問題を付け足しただけ』といった講座ではございません。
      medu4の講座は『これのみで国試まで戦い抜ける網羅性とボリューム』を兼ね揃えたものです。現在の学習内容で実力が十分についていれば追加受講は不要でしょうし、逆に現状に不満を感じているのであれば受講をおすすめいたします。

  42. 現在医学部5年生です。
    112回医師国家試験から従来とはガイドラインや問題数も変わるということから、それに関するお話を聞きたいです。
    また、来年には、112回医師国家試験からのガイドラインで、これまでにはなかったものに絞った講座などを作っていただけると幸いです。

  43. 穂澄先生、<外国籍の者が日本で医者になるのは?>についてどうお考えでしょうか。先生もご存知かもしれませんが、毎年厚生労働省にて医師国家試験予備試験を受けている者が100人前後います、一次二次実技試験を終え国家試験の受験権を得るものは最終的に数人しかいません、が、その後国家試験うけたものはほぼ全員合格しています(私の知っているかぎり)。

    1. 補足ですが、medu4の講座を受講している外国籍の予備試験受験者も数多くいるかと思います。

  44. なぜ、臨床問題の配点は一般問題の三倍なのでしょうか?
    知識だけ詰め込んだ頭でっかちな学生よりも、いわゆる現場の空気感が読めるような学生を欲しているということなのでしょうか?

    1. 3倍カウントされているのは必修のみです。112回からの国家試験で一般問題が縮小されることからも分かるように、厚労省としては臨床重視の方向で考えています。

      1. 臨床問題と一般問題の配点について質問した者です。
        お返事ありがとうございます。
        112回から一般問題が縮小されるという事実は知りませんでした。次年度以降、ますます臨床に即した問題が増えていくということですね、わかりました!

  45. 今後オプション的なかんじで、東大英語や臨床英語の講座を創設する予定ってありますか?
    6年間、T会で教えていたノウハウを凝縮したような講座があったら、需要があるような気がします。

  46. 初めまして、医学科4年の者です。
    CBTの時は某講座で穂澄先生に大変お世話になり、このサイトに来ました。
    ここで1つ質問させて頂きたいのですが、今国試対策委員会より国試に向けて某講座の勧誘が始まっており、周囲はほぼその講座を取る様子です。
    穂済先生の過去の動画で周りと同じ事をしなさいとおっしゃっていたと思うのですが、どうしたら良いか迷ってます。

    1. 申し訳ございません
      穂済先生ではなく穂澄先生でした。
      失礼しました。

      1. どの講座にも長所と短所があり、力がつく人はつきますし、文句ばかり言う否定的な人は伸びません。
        が、いまの予備校事情を統括するにmedu4の講座が最安定です。……信じるもよし、あとで後悔するもよし。

        1. 返答ありがとうございます。
          medu4を信じて某予備校講座はやめました。 死ぬ気になって頑張ります。

  47. いつもお世話になっています。
    穂済先生に是非、画像問題の演習講座を開設してほしいです。

  48. medu4を受講しているものです。
    穂澄先生は「三度の飯より国試が好き」とおっしゃられていましたが、何かきっかけがあったのですか?また、この道に進まれようと思ったきっかけなどあればお聞きしたいです。

  49. 留年してから友達が全くいません。頑張って話かけていますが、、

    どうやったら友達が出来るでしょうか?

  50. 今年は、昨年の国試予想大会のような企画はないのでしょうか?
    国試究極MAPがそれに該当するのでしょうか?

  51. medu4では国試の自己採点サービスを行う予定はあるのでしょうか。教えて頂けるとありがたいです。

  52. 6年生で国試横断MAP講座について受講を考えているものです。

    1月に入ったということでおおまかな残りの勉強スケジュールをたてていくにあたり、必要な時間や日程を概算したい関係で総時間数や公開日・内容など、詳細をわかる範囲で結構ですのでアナウンスいただけますと幸いです。

    1. 【medu4運営チームより】60分×8コマ、1月23日配信開始を予定しています。内容は過去問5年分+αを臓器ごとにマップとして落とし込み、網羅的に知識を総整理するというものです。
      1回目は等倍〜1.5倍速とし、1.5〜2倍速で2回〜3回繰り返して視聴することを推奨いたします。来週からサンプル等公開予定ですので、今しばらくお待ち下さい。

  53. お忙しい中、細かくご呈示いただきありがとうございます。
    また国試直前に穂澄先生の講義を受けられるのを楽しみに1月の勉強を頑張ろうと思います。

  54. こちらにて書き込み失礼します。

    穂澄先生のmedu4講座にて臓器別からマイナー・公衆衛生まで学んできたものです。
    お忙しい中大変恐縮なのですが、国家試験まであとわずかとなり、もし可能ならばという思いで書き込みさせていただきます。

    直前・あるいは国試期間中にもこちらのサイトにて有用な情報の書き込みをされるとのことで楽しみにしておりますが、穂澄先生が各講座授業中に仰っていた、「これは直前・前日にじっくり眺める」といった各科目の数値系や暗記すべきことのリストなどをご提示いただけたりすると嬉しく思います。

    もちろん究極MAPや自身でまとめたまとめ等もありますし、直前の確認項目は個々人で異なるので難しいとは思うのですが、やはり穂澄先生にご提示いただいた教材の安心感は強く、精神的に余裕をもって本番を迎えられるかと考えました。

    お忙しいことは重々承知の上お願いしておりますので、受験生の希望の一つとしてご参考程度にご覧いただければ幸いです。
    よろしくお願い致します。

  55. 111回合格しました。
    medu4がなかったら、卒業試験、国家試験突破は無理でした。
    穂澄先生、民谷先生、鈴木先生ありがとうございました。

  56. 記憶力が非情にも非常に弱く、困っています。今は一年なので大丈夫ですが、来年からは怒涛の暗記が待ち構えていると聞いています。穂澄先生はどうやって大量の暗記をこなしてきましたか?

  57. 集中力の維持のしかたの動画でカフェ勉について語って下さいましたが、穂澄先生は大学受験塾で教えておられた時、復習テストや校内模試の採点はどこでしておられましたか

    1. コアな質問ですね! さすがに個人情報のカタマリなので、校舎でしてましたよ(穂澄)

  58. 穂澄先生の英語の勉強法が知りたいです。
    医師に必要な英語を身につけるための勉強法、
    また、東大理IIIに合格する人がどのように英語を勉強するのか大変興味があります。
    よろしくお願いします。

    1. 過去の動画に上がっていました。
      「医療系の雑談4:受験のプロの勉強術」

        1. リンクをつけてくださった方、ありがとうございます!(穂澄)

  59. 穂澄先生はiPadを使ってスタイリッシュな授業をしているのでとてもかっこいいのですが、PDFに手書きで書き込む際に使っているアプリを教えていただけますか??

  60. youtubeに配信された「112回予想してみた」動画を見せてもらいました。
    新しい試験時間割の予想、すごく納得でした!
    現在大学6年です。今回の改定で「総論が100問減りますが新ガイドラインの中で公衆衛生の出題はそのままになるので割合として相対的に大きくなる」といった話を学内で耳にいたしました。7月の厚労省の発表まで流動的な要素ばかりかと思われますが、穂澄先生の今後の公衆衛生の出題に関する考え方やご意見を是非、講座内などでも伺いたいです。

  61. 寿司職人になりたい人が、10年間の修行を積まずに、寿司アカデミーを3か月受講しただけで店を開き、ミシュランに掲載されるようなケースについて穂積先生はどう思われますか?

  62. 新ガイドラインからの出題の1つとして111回国家試験において敗血症診療ガイドラインからの出題があったと思いますが、112回国家試験トピックとして成人肺炎診療ガイドライン2017について穂澄先生はどう思われますか? 

  63. 僕は病状の安定した内科の患者さんをビデオチャットなどで診療し、処方箋も出すサービスに賛成なのですが、イマイチ自分の周りで流行っていません。穂澄先生はこういった遠隔診療のサービスについてどう思いますか?

  64. 穂澄先生、先生のMedu4講座やYouTube動画はよく活用させております。
    さて、国家試験のテクニック論の話になってしまうのですが、設問の微妙なニュアンスで正答率がぶれてしまいます。
    ところが、例として「疾患Aに特徴的なものはどれか選択肢a~eで選びなさい」といったときに、選択肢aであれば疾患Aである。選択肢bであれば疾患Aである・・・のように言い換えると、ややこしくて解答しにくい問題もクリアカットに正答できたことがあります。昔の穂澄先生の「対偶をとる」テクニック動画でも助かったことも多々ありました。
    もちろん知識を正確に理解・記憶する勉強が前提でしょうが、対偶のほかにもいろいろ「設問のイイカエテクニック」集があれば公開してほしいです。
    国家試験マニアの穂澄先生(先生は澄んでいるのです。)よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。