COMMENTS

  1. 転移巣を有する腎癌患者に対する腎(患側腎)摘除術は,performance status(PS)が良好で,術後インターフェロンによる免疫療法が可能な患者には推奨される。なお,分子標的薬に関しても同様の検討が行われているが,現時点で最終結論は得られていない。

  2. これって転移巣があるわけではなく、単に腫瘍栓がIVCに浸潤しているだけですよね?

    1. そうだと思います。下大静脈腫瘍栓を有する腎癌においてはリンパ節転移や遠隔転移を認めない症例が手術適応と判断され、腫瘍栓摘除術により生存率の向上に寄与すると考えられています(腎癌診療ガイドライン 2011年)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。