COMMENTS

  1. 腹水などの液体貯留も禁忌としている本があるのですが、b,eに比べたら優先度は低いということでしょうか。

  2. 重篤な腎機能障害(eGFR 30ml/min-1.73m2以下)で絶対禁忌
    気管支喘息は原則禁忌
    腹水・胸水などの体液貯留時には慎重に使用で禁忌ではありません。
    腎障害患者におけるガドリニウム造影剤使用に関するガイドライン第2版より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。