COMMENTS

  1. 腹部造影CTはリンパ節転移を確認するためで間違いないでしょうか?

  2. 膀胱・直腸などの浸潤や深達度の評価にはMRIを用いますが、リンパ節転移(骨盤リンパ節・傍大動脈リンパ節)や遠隔転移の検索などにCTが有用です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。