109E58

109e(58)109eg(11)

» See the answer

COMMENTS

  1. 画像Cで上大静脈を見ろ。という出題者のメッセージを受け取れず、間違えました。

  2. これはacdではないでしょうか?パンコースト腫瘍では反回神経麻痺が出ることがあります。これにより嚥下障害が現れます。それに、通常食道は食物が通過する時以外はつぶれた状態で、開存しているのは気管では?腕神経叢領域での尺骨神経単独の麻痺は考えにくいし、aで腕神経叢損傷を出題しているのに、さらにeの選択肢を出すでしょうか?

    1. a,d,eで問題ないと思います。確かにPancoast症候群で右の反回神経を巻き込むことは否定できませんが、本文上3行を見る限り、あえてeを捨ててcに勝負をかける必要はありません。

      「aで腕神経叢損傷を出題しているのに、さらにeの選択肢を出すか」というのは、むしろ逆で、aが正解ならeも正解にせざるを得ず、セットで◎、と考えるべきです。

      気管が開存しているのは当然ですが、画像Cにて食道内に含気が見られます。この事実自体に意味はありませんが、少なくとも癌による浸潤は否定的です。

      1. 反回神経麻痺の有無をみるために、鎖骨下動脈付近の浸潤影を探そうとしたのですが、鎖骨下動脈を同定できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。