108I24

108i(24)108ig(6)

» See the answer

COMMENTS

  1. 画像Aからwire loop lesionを読み取る問題ではなく、画像Aで半月体形成を読み取り、その上で画像BでのIgG沈着パターンを読み取る方が確実ではないでしょうか?
    今回は画像BにてIgGが顆粒状に沈着している所見のみでループス腎炎と判断することができます。
    仮にIgGが基底膜に沿って線状に沈着していたらGPS、IgGの沈着が見られなければANCA関連腎炎と考えられます。
    病理画像を見慣れていない私たち学生からすると、この画像から一発でwire loop lesionを判断するのはかなり難しいのではないかと思われますし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。